カンロ×忍ism オンラインセミナーを開催

株式会社忍ism(東京都豊島区、代表取締役社長 百地 祐輔 以下 忍ism )は、カンロ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 三須 和泰 以下 カンロ )と共同で、eスポーツ業界を目指す専門学生へ向けて「糖×eスポーツ」をテーマにしたオンラインセミナーを開催いたしました。

【開催概要】
日程: 2021年5月17日(火) 11:00 ~ 12:30
形式:オンライン
対象:東京クールジャパン専門学校 eスポーツ専攻 学生

登壇者:
内山 妙子(カンロ株式会社 執行役員)
木村 将人(カンロ株式会社 デジタル事業開発室)
百地祐輔(忍ism代表取締役兼選手)
takera(忍ism Gaming所属選手)
田中孝広(忍ismクリエイティブディレクター)
MC:セクシー齋藤

《開催意図》
忍ismとカンロは、eスポーツプレイヤーをサポートするための“ゲーミンググミ”「BRAON(ブレオン)グミ」の共同開発を経て、2022年4月にスポンサー締結をいたしました。

そしてこの度、契約締結後の初の取り組みとして、これからの未来を担う若者へ“eスポーツに関わる企業の取り組みやeスポーツ業界の仕事”について伝えるために、「糖×eスポーツ」をテーマにしたオンラインセミナーを共同開催いたしました。

《セミナーの様子》
オンラインセミナー前半では、カンロより、クイズを交えながら糖の大切さについての説明を実施。クイズに全問正解した学生には選手のサイン入りBRAONグミがプレゼントされました。

また、BRAONグミ開発の裏話についても語り、「eスポーツ選手からの意見や要望に驚いた」などの開発者と選手のコミュニケーションの様子も語られました。

その後のトークセッションでは、「プロゲーミングチームに所属する条件は?」「仕事でのやりがいや選手になってから大変だったこと」などのeスポーツ選手を目指す学生に向けたテーマだけに限らず、「eスポーツ大会の運営及びスタッフの仕事をするうえでやっておくべきことは?」などのeスポーツの企画運営の仕事を目指す学生に向けたテーマを扱い、チーム運営とイベント・大会の企画運営を行なっているからこその経験を元に忍ismならではのトークを展開。 セミナー後のアンケートでは、学生から「糖が脳を働かすのにとても必要なことが分かった」 「キャリアや将来へのヒントになった」などの言葉をいただき、トークセッションは大盛況で幕を閉じました。

▼オンラインセミナーの様子


関連記事

-->